中性的な人が好きで何が悪い

某J事務所に本格的に貢ぎ始めました

日焼けした肌と有岡くんと。

 

 

どうもお久しぶりです。

今回はとある曲とJUMPメンバーの話をしたいと思います。

 

 

Hey!Say!JUMPきっての洋楽好きと言えば彼、有岡大貴の名が上がると思うんですが。

彼の作詞した曲、”RELOAD”の歌詞構成を見ていると洋楽を聴き込んでる人ならではという、日本語とはまた違う音遊びを楽しむ洋楽の癖が随所に出ている気がします。(意味を重視というよりは音やリズムを重視する傾向)

3rdアルバム”smart”初回限定盤1でのインタビューで雄也くんはこの曲に対し、

言葉遊びがすごい楽しいから。

と発言しており、また本人も

ノリ重視というか、詞の世界観もそうなんですけど、音の言葉の音を楽しんでもらえたらいいなと。

と発言していることからもやはり音を楽しんで曲作りをしたんだというのを感じます。

 

 

 

 

そんな有岡くん。

雄也くんとパーソナリティーを務めている

JUMP da ベイベー(bayfm 毎週金曜日24:30〜)で隔週毎にオススメの一曲を紹介しているわけです。

 

 

好きなアーティストはJustin Timberlake,Avril Lavigneという有岡くん。

好きなジャンルはヒップホップやクラブミュージックといったところでしょう。本人は最近トロピカルハウスが好きととある雑誌で話していましたが。

基本的に音楽センスがパリピ傾向なとこありますね。嫌いじゃないむしろ好き。

 

 

 

 

ここで本題に入りまして。

2016年8月26日の有岡くんオススメの一曲は何だったのかというと、

Craig David / Summer Jam

 

 

 

Craig Davidというアーティストは私も知っていて個人的には結構好きな方なのでちょっと期待してたのですが、

期待を上回った!!!!

いや、ほんと最高の2文字以外に適切な言葉が見当たらない。

 

 

 

この後この曲をダウンロードしようとネットを駆け回るわけですがYouTubeでしか見つけられない。

iTunesストアは何をしているのかというとPodcastしかない。いや訳わかんない。

ってなってたところに

The Underdog ProjectというアーティストのSummer Jamを見つけ聴いたところ

これだ…

ってなりました。やっと見つけたSummer Jam(cf.真剣サンシャイン)

 

 

 

 

有岡くんがベイジャンで流していたのと変わらない。けど何故アーティストが違うのか。

私は調べに調べましたがどのサイトも全て英語という壁や情報の不足具合に頭を痛ませ、結果、feat.Craig Davidなのでは?というオチに1人たどり着いたわけです。

 

 

Summer Jam

Summer Jam

  • The Underdog Project
  • ダンス
  • ¥200

 

 

 

聴いてもらえばわかるんですけどイントロからアホみたいにかっこいい。

これを有岡さんの車の助手席に乗ってる時に聴いてみてくださいよ。恋に落ちないわけがない。

さすがHey!Say!JUMPのリア恋枠といったとこでしょうか。高等すぎる。

 

 

 

ちなみに私のなけなしの英語力でこの曲聴いてくと夜の営みを感じます。(1番)

Brown skin and cinnamon tans という歌詞があるんですけどブロンドの日焼けした肌?なんかこれだけでエロい(飛躍しすぎ)

けどこの歌詞すごく好き。

 

 

ここで日焼けした有岡くんとか想像しちゃうわけです。夏の海で一緒に遊ぶ有岡くん、遊び疲れてるのに車を運転してくれる有岡くん、夜同じ家に帰ってベッドに入る有岡くん…ほらなんかもうイケナイ感じ。

 

 

 

 

 

にしてもこんなおしゃれ〜な曲をオススメしてくる有岡くん。普段から聴いてないとオススメなんかしません。どこで出会ってんだこんな曲と。

でもスクラッチ音が結構入ってるし、言葉音がすごく似てるんです、フレーズごとに。DJをやっている彼がこの曲をオススメし、好きな気持ちもわかる。気がする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8/26という夏の終わりにこの曲を私たちに出会わせてくれた有岡くん。一体彼は何を考えてこの曲を流したのでしょう。

おかげさまで私は夏という季節を思う度、去年の夏の終わりに貴方が落とした爆弾に今も想いを馳せているのです。

 

 

 

Twitter☞☞@ybinhk__18